有限会社 山本製材

新築住宅 / リフォーム / 製材・木材販売 / 文化財建造物修繕

下層イメージ

ホームブログ ≫ 小松市・耐震改修 耐震補強の方法(壁補強) ≫

小松市・耐震改修 耐震補強の方法(壁補強)


住宅耐震改修工事は既存の建物に金物や補強材を取付ることで強度を上げる工事です。

その補強方法はいくつかあり、今回は「壁の補強」をご紹介します。

室内の壁を解体し、構造用合板を決められた方法で取り付けます。

kaitai

建物の壁の下地は、写真のように貫と間柱で構成されており、ここには筋かいも入っています。

構造計算上、この壁を強くすることで強度が得られので補強をします。

DSC_2687

このように壁面全体に構造用合板を取り付けることで壁の強度が上がります。

釘を打ち付ける間隔も指定の範囲があるので、単純に取り付けるられるものではありません。

ひとつひとつ確認をしながら、丁寧に仕上げていきます。


金物による補強方法の記事はこちらから
小松市・耐震改修 耐震補強の方法(金物)
2021年05月19日 14:00

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

有限会社 山本製材

〒923-0321 石川県小松市白山田町口142
電話番号 0761-65-1009 / FAX番号 0761-65-1809

会社概要はこちら

モバイルサイト

有限会社 山本製材スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら