トップページ » 文化財保存修理等 : 技術を受け継ぐ

技術を受け継ぐ

伝統を受け継ぐ

ただ、古いものを残すだけじゃない。歴史的建造物から古き良き技術を学び復原する。日本が世界に誇る伝統と文化を継承していくこと。それが私たち文化財建造物に携わる者の使命であり、誇りです。 これまで数多くの社寺、仏閣等重要文化財などに携わってまいりました。その経験と確かな技術で、これからも我が国の美しい建造物を未来へと繋ぐ役割を担い続けていきます。

木割を学び、実際に原寸墨付けを行う。

実際に文化財建造物をスケッチし実測する。

大工道具の研究

富山県南砺市城端別院善徳寺
『本堂』須弥壇塗装調査

耐震調査

現在の建物の耐力を計算します。
現在の建物の耐力を計算します。
最も得意とするのは木造建築の修復。古い時代に建てられた寺社・古民家等の文化財の修復や保存工事を数多く手がけてきたなかで、木造ならば直せないものはないと自負しています。
「復原(創建当時の姿に戻す)する」という思いのもと、熟練職人の手による高い再現力と、100年先をも見据えた技術力で、一棟ごとの歴史を守り、受け継ぐことの大事さを伝え続けます。
在の本堂が持つ強靭性を進化させる。
改修工事であっても、耐震工事であっても、その調査から工事まで、施工会社や職人によってやり方は千差万別です。
豊富な経験と実績を誇り、社寺建築に精通した我が社では、建物ごとの要点を見極めることに何よりも自信があります。画一的な調査やマニュアル的な工事を決して行わず、その建物が持つ特性や要素を把握して、それぞれにふさわしい工事をご提案します。
在の本堂が持つ強靭性を進化させる。