トップページ » ニュース一覧 » 小松市・新築、リフォーム 大壁の和室にもこだわります

  • 小松市・新築、リフォーム 大壁の和室にもこだわります

    2020/02/07

    [ 新築 ]

    新築・リフォーム、社寺修繕 広報担当の菅沼です。

    和室の壁は「大壁」と「真壁」という主に2種類の仕上げ方があります。

    この2種類の違いは、簡単にいうと室内に柱が見えるか見えないかです。

    見えているのが「真壁」、見えていないのが「大壁」となります。

    一般的な洋室は柱が見えていないので、大壁仕上げとなります。

    こちらが皆さんが思われる一般的な壁の仕上がりではないでしょうか。

     

    この大壁仕上げを単純に取り入れると、どこか軽薄な和室となってしまいます。

    ですが、木材にこだわる山本製材では重厚な和室を設計・施工することができます。

    こちらの和室は木の香りを感じてもらうため、建具枠や見切り材といった造作部材に

    「桧」を使用しています。

    また着色はせず、桧本来の色や木目を仕上げをそのまま見せています。

    特に床柱は木材市場に何度も通い、この空間に合うサイズ・模様・色合いを考慮して買い付けました。

     

    一方、このように柱を見せている壁が真壁です。

    節のない柱を使用したり、クロスやジュラク壁等の仕上の選択によって、コストは変わりますが

    木材本来の良さ、大工の匠な技を一層身近に感じることができ、和室としての趣があります。

     

    ただし、柱を見せる分壁の厚みが必然的に小さくなるので、耐震性や断熱性が大壁よりも落ちます。

     

    二種類にメリット・デメリットがあり、どちらを選ぶのが良いか判断が難しいと思います。

    山本製材はそんなお客様のご要望にあわせて、最適な提案をさせていただきます。

    お気軽にご相談・お問合せください。