トップページ » ニュース一覧 » 小松市・社寺建築修繕(那谷寺)、門の解体が終わりました

  • 小松市・社寺建築修繕(那谷寺)、門の解体が終わりました

    2020/02/01

    [ 伝統建築 ]

    新築・リフォーム・社寺修繕工事、広報担当の菅沼です。

    小松市・那谷寺様にある梅鉢門の解体が終わりました。

    屋根と小屋組、扉が外され、残るは構造体のみです。

    柱は横のつなぎ材の貫でつながっており、一体化しています。

    写真左の柱を少し浮かせて、かけやと呼ばれる木づちで叩きながら外します。

    予定通り、約1週間で解体が終わりました。

    これから文化財の登録後に本格的な修繕、復旧を予定しています。

    次の工程は復旧するまでに設置しておく仮設の門の取付です。