トップページ » ニュース一覧 » 小松市・新築一戸建て(K邸) 外壁にこだわりがあります

  • 小松市・新築一戸建て(K邸) 外壁にこだわりがあります

    2020/01/25

    [ 新築 ]

    新築・リフォーム担当の山本幸宗です。

    小松市・新築一戸建て(K邸)のお客様の引っ越しが終わり、

    今は細かい部分の調整と追加の工事をさせていただいています。

    今回は山本製材の強みがでている、外壁の板張りについてご紹介します。

    材料はD1特殊材である米杉を使用しました。

    D1 特殊材というのは劣化が特別少ない樹種のことを言います。

    たとえば桧、ヒバ、ケヤキもがあげられ、建物の構造体によく採用されます。

    今回は外壁に使用することから、塗装ののりが良い米杉を選択しました。

    桧やヒバは塗装ののりが良くないので、木の素材の良さを仕上げで見せたいときに使用しています。


    こういった本物の木材を適材適所に使えることが製材が設計・施工する新築の強みです。