トップページ » ニュース一覧 » 小松市・新築一戸建て(K邸) 壁、階段工事をしています

  • 小松市・新築一戸建て(K邸) 壁、階段工事をしています

    2019/11/27

    [ 新築 ]

     

    新築・リフォーム担当の山本幸宗です。

    今回は3つの工事をご紹介します。

     

    まず小松市・新築一戸建て(K邸)の進捗状況です。

    壁や天井の木下地を施工しています。

    細かく取り付けている様子が確認出来ます。



    階段の施工も進んでおり、昇降は階段が楽にできるようになりました。

    工程の都合上、かかる前は梯子で昇降をしていました。

     

     

     

     

    次に、和室を洋室にするといったリフォーム工事です。

    畳をフローリングにするため、床を解体しました。

    床下をシート張りして、湿気が上がってくるのを防ぎます。


     

    床の下地材料も取り替えたので、防蟻処理塗装もしっかり施しました。

    また改修の際には合わせて実施した方が、個別で行うより安くすむことがあります。

    今回は構造補強ということで壁補強を解体したついでに施工します。

     

     

     

     

    次は物置(プレハブ)の工事です。

    プレハブの物置でも10㎡を超えると確認申請という手続が必要になります。

    物置だからといって簡単においてしまうと、建築基準法違反になってしまいます。

    法律に見合ったものを建てようとすると、こんな基礎も必要となります。

     

    もし建物でうちのは大丈夫?という不安があれば、

    お気軽にご相談ください!