トップページ » ニュース一覧 1ページ

  • 新築・リフォーム、社寺修繕 広報担当の菅沼です。

     

    小松市・社寺建築修繕(那谷寺)で実施している、木の伐採が終わりました。

    どのような流れで1本が伐採されていくのかご紹介します。

    まず木こりの職人さんが木のてっぺんまで枝を落としながら上がっていきます。

    ある程度の枝払いが終わり、クレーンで木を吊ります。

    伐採した木は賃引きして材料として利用するため、

    機械で製材できる大きさの4m程度で切っていきます。

    切って吊って降ろすという作業を下にいくまで繰り返していきます。

    木こりの方はそれが終わるまで約1時間半ずっと木の上にいます。

    技術も必要ですが、体力も必要な仕事なのだと勉強になりました。

    あとは切り株を残すのみとなりました。

    木の中心にその木の一番上にあった枝を刺しています。

    この土地の供養の方法でその地域によって様々な方法があるそうです。

  • 新築・リフォーム、社寺修繕 広報担当の菅沼です。

    小松市・社寺建築修繕(那谷寺)で木の伐採をします。

    事務所前にある杉とケヤキで合計6本伐採します。

    樹齢40~80年程度で高さは15m程度です。

    伐採前に那谷寺の住職様方にご供養をしていただきました。

    これから約1週間かけて伐採をしていきます。

  • 新築・リフォーム・社寺修繕工事、広報担当の菅沼です。

     

    小松市・社寺建築修繕(那谷寺)の梅鉢門に仮設扉を設置しました。

    仮設扉を設置するまではコンパネで侵入できないようにしていました。

    当初仮設予定をしていた扉は木材で組み上げるものでしたが、

    会社の倉庫を探してみるとちょうど使用できるものがありました。

    もともとお寺で使用していたものなので、仮設には思えない仕上がりです。

    ブロックを壊した箇所はうまく下地を組んで板張りにしています。

    「古色」と呼ばれる塗料を採用しているので、お寺の雰囲気に馴染むようにしています。

  • 新築・リフォーム、社寺修繕 広報担当の菅沼です。

     

    小松市・社寺修繕(八坂神社)の工事が完了しました。

    天候の影響もあり、若干ずれ込みましたが無事に竣工です。

     

    建て方後に屋根工事と落ち葉対策の金網を設置しました。

     

     

    当初の目的通り、立ち木に当たらないよう建てることができました。

    これで安全に八坂神社での参拝をしていただけます。

     

     

    前後を比較すると美しさと重厚さが格段に上がっています。

    大工さんの納まりがとてもきれいなので、見にきていただけたら幸いです。

  • 新築・リフォーム、社寺修繕 広報担当の菅沼です。

     

    小松市・社寺修繕(八坂神社)の建て方をしました。

    以前木に押されて傾いているという記事を投稿したものを工事します。

    基礎はそのまま使うので、うまく調整しながら土台を伏せていきます。

    柱と腰壁は先に組立をしておき、ワンセットで建てていきます。

    今回は米草を使用しているので、白木がとてもきれいです。

    柱が据え終わったので、小屋組みを組んでいきます。

    小屋組みは以前に使っていたものを再利用しています。

    そのため、新しい部材との取り合いや一旦取り外したことによる歪などの調整が必要です。

    社寺専門の職人さん達でもなかなか苦労されていいました。

     

    屋根も含めてあと2週間以内に完成する予定です。