トップページ » ニュース一覧 1ページ

  • 新築・リフォーム、社寺修繕 広報担当の菅沼です。

     

    小松市・リフォーム(Y邸)の防音工事が進んでいます。

    サッシの取付はほぼ完了し、外壁の下見板張りを施工している段階です。

    サッシを取り替える部分の外壁は補助金内で施工ができます。

    なので、この部分の腰板やサイディングも取り替えとなります。

    解体→取付→塗装まで完了したところです。

    現状は米スギでしたが、杉へ木種を変更しました。

    他の木壁では杉を採用していたので、この機会で統一させることとしました。

    日を追うことに木の味がでてくるので、また印象が変わっていきます。

     

    工事が順調に推移しているので、今月中には完成を予定しています。

  •  

    弊社では、新型コロナウィルス感染拡大防止の取り組みを実施しております。

    厚生労働省からの感染症対策に基づき、マスク着用、手洗い、アルコール消毒等を徹底し、

    社員の安全と健康に配慮しております。

    大変恐縮ではありますが、お客様並びに関係者様との打ち合わせ時にもマスクを着用させていただきます。

    あらかじめご了承をお願いいたします。

     

    また各現場においては以下の取り組みを実施しております。

    ・作業現場入場者の健康状態及び体温確認(毎日)

    ※体調不良及び体温が37℃を超える場合、入場不可

    ・作業現場の三密回避の徹底

    ・掲示物による意識啓発

    お客様の安全と健康に配慮した現場管理を徹底しています。

     

     

    現在設計・施工業務及び製材業務を通常通り営業させていただいております。

    お客様のご要望にあわせて、打合せ方法や現場対応をさせていただきますので、

    お気軽にご相談・ご連絡くださいませ。

  • 新築・リフォーム担当の山本幸宗です。

     
    小松市・リフォーム(K邸)の増改築工事が完成しました。
    増築箇所はLDKと店舗になります。

     

    外観は既存住宅に合うように和風な印象にし、外部には新たに車3台分の駐車場を確保しました。


    LDKはキッチン、カップボード、冷蔵庫を木目で統一して一体感を演出しています。


    コーナー部分には畳スペースを設け、くつろいで過ごせる場としました。

    畳下部はすべて収納できるようになっており、人が集まるLDKをきれいに保ちます。

    店舗は壁、天井、床すべてに自然素材のものを使用しました。


    ここにも畳スペースを設け試着室や来店時の応対、近所の方とお茶したりと様々な用途に使用できる床を作りました。



    以上2階建ての店舗併用住宅から平屋の店舗併用住宅へのリノベーションでした。

  • 新築・リフォーム、社寺修繕 広報担当の菅沼です。

     

    小松市・リフォーム(K邸)の倉庫を修繕しました。

    お客様が外壁の焼杉板張りにしたいとのことでご自分で仕入れており、

    その施工を弊社でさせていただきました。

    左が焼杉板で右が杉板です。

    板の表面を焼き、炭素化させることで耐久値が上がるようです。

    この水切りに部分が今回工夫した点です。

    普通の貫に塗装をしても馴染みにくいので、貫も焼いて色をつけることとしました。

    ガスバーナーで貫を焼いていきます。

    やりすぎると燃えるので、焼きにコツがあります。

    全体に焼き色がつくとこのようになります。

    綺麗な仕上がりとするにはこういったひと手間が重要です。

  • 社寺・文化財担当の和田です。

    新年度に入り、南越前町・重要文化財修繕(中村家)の工事も新たに動き出しています。

    今年度事業として主屋等に仮屋根をかけていく前準備として、通り沿いの塀を解体しました。

    解体前↓

    解体後↓


    上の写真は北塀で、玄関を挟んで南塀があり、南塀も同じく解体しました。

    北塀のほうが、使用されている材料・金物から推測するに古い年代ものということは

    わかりましたが、細やかな判別は追々調査していけたらと思います。

    また、北塀解体中の写真ですが、

    柱を取り外したら下から以前の塀の痕跡のようなものが出てきました。

    謎は深まるばかりですが、追々調査していけたらと思います。