トップページ » ニュース一覧 1ページ

  • 新築・リフォーム担当の山本幸宗です。

    小松市・新築一戸建て(K邸)のお客様の引っ越しが終わり、

    今は細かい部分の調整と追加の工事をさせていただいています。

    今回は山本製材の強みがでている、外壁の板張りについてご紹介します。

    材料はD1特殊材である米杉を使用しました。

    D1 特殊材というのは劣化が特別少ない樹種のことを言います。

    たとえば桧、ヒバ、ケヤキもがあげられ、建物の構造体によく採用されます。

    今回は外壁に使用することから、塗装ののりが良い米杉を選択しました。

    桧やヒバは塗装ののりが良くないので、木の素材の良さを仕上げで見せたいときに使用しています。


    こういった本物の木材を適材適所に使えることが製材が設計・施工する新築の強みです。

  • 新築・リフォーム・社寺修繕工事、広報担当の菅沼です。

    1月に入り、小松市・那谷寺様の門の修繕工事が始まりました。

    塀の一部に組み込まれている小さな門です。

    門扉や柱等の根本の劣化がひどいため、修繕が必要となりました。

    まずは瓦から取外していきます。

    文化財としてできるだけ部材を残す必要があるので、

    解体というよりは取外といったニュアンスの方がわかりやすいと思います。

    取り外した瓦は復旧する際に再利用するので、割らないよう気を付けて保管します。

    このようにどこに取り付けてあったかわかるように記載しておきます。

    文化財の復旧工事は工事前と可能な限り同じように戻すことが重要なためです。

    (工事前の状態のものに文化財の価値があるので、その価値を損なわないため。)

    単純に壊すだけではないため、解体から手間と時間、そして技術が必要となります。

    冬季は天気も悪いので、約1週間かけて解体をしていく予定です。

  • 社寺・文化財担当の和田です。

    南越前町、春日神社の浜縁修繕工事の現場作業が始まりました。

    腐食・腐敗で劣化した浜縁を新しく作り直していきます。

    着工前はこちらのブログをご覧ください↓

    南越前町・社寺建築修繕 中村家・春日神社の修繕工事をしています

    まずは解体!

    そして、工場で仮組したものを現場で組み立てていきます。

    修繕前は浜縁の側面がふさがっており、湿気が溜まりやすくなっていました。

    湿気を逃がし木材が少しでも長持ちするように、板に風穴を設ける工夫をしました。

    使用されていた材料がケヤキだったので、同じケヤキを使用して作り直しています。

    ご要望があれば自社で製材しているので他の材種でも施工可能です。

  • 新築・リフォーム担当の沢井です。

    小松市・新築一戸建て(U邸)の天井クロス・床工事が進んでいます。

    キッチンは傷がつきやすいので、搬入前にできる工程は先にしておきます。

    今回は天井クロスを貼っている工程です。

     

    2Fトイレの床材を張りました。ヘリンボーン仕上調のフロアタイルになります。

    モダンなデザインが目を引きます。

     

    お気づきの方もいるかと思いますが、記事の書き方を少しずつ変えています。

    ブログを見ていただいた方に少しでも価値のあるものに

    弊社、山本製材を少しでも知っていただくために

    ブログから改革をしています!

    今後より良いものをお客様に提供できるよう、様々のことに挑戦・改革する予定です。

    お伝えできるようになりましたら、随時ブログからお伝えしたいと思っています。

    それまで今しばらくお待ちくださいませ!

     

  • 明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

    新築・リフォーム担当の山本幸宗です。

     

    新年が始まりまして店舗兼併用住宅のリフォーム工事をしています。

     

    内容は二階建ての建物の一部を解体し、解体した部分に

    駐車場と平屋を増築するといった工事です。

    家を小さくして住みやすくより使いやすくしよう!ということです。

     

    このような工事はどこまで解体すれば木造の構造体を

    うまく残せるか、しっかりと見極めることが設計の要になります。

     

    そのため、家にとって重要な柱・梁がどうなっているかを天井の上に上がって

    「小屋組み」を確認しています。

    たとえ図面があっても小屋組みは目視で確認した方が良いです。

    (図面通り施工されていない物件が過去にありました。)

     

    ということで1週間ほどの工事で解体作業が終わりました。

    今からは建物を建てるための準備です。

    2月から本格的に増築の工程に入っていきます!